TOP

【講座のご案内】バヤニハン人材育成講座第2回

人材育成② 山下課長講座

Read More
TOP

税金について

今日、バヤニハン日本語教室では「税金について」勉強しました。
母国へ送金するとき、確定申告で扶養控除を受けられるのですが、その情報を知らない、
またはやり方がわからないという生徒からのリクエストでした。
今日の参加者はフィリピン人生徒と日本人ボランティアさんあわせて約30名。
テーマへの関心の高さがうかがえます。
P1000317a

P1000333a

そこで、税理士法人黎明 祖父江会計事務所 税理士、澤谷智志様に講師をお願いしました。
(http://www.0mei.jp/)
まず、澤谷先生から「税金は『取られるもの』ではなく『預けるもの』という意識を持って欲しい」という、
大切なお話をいただきました。私たちは警察、消防、医療はじめ、道路、下水道の整備など、
暮らしやすい環境をさまざまな公共サービスから得ています。それらの財源はすべて税金によるものです。

その前提を共有した上で、個人の給料にかかってくる所得税の話を中心に進めていただきました。
日本の税金システムは優れていて、個人個人の事情を考慮してくれる「所得控除」が13種類ある
ということを教えてもらいました。

そのうち、フィリピンの人が知っていると便利な控除には特に説明をつけていただきました。

「雑損控除」…盗難、横領の被害に遭ったり、災害(台風等)で家が欠損したりした場合等の控除

「医療費控除」…世帯全員で年間10万円以上、医療費を支払った場合等の控除

「社会保険控除」…給与から控除された社会保険料や、支払った国民健康保険料・国民年金保険料にかかる控除

「配偶者控除」…配偶者の給与収入が年間103万円以下であることを申告すれば、38万円が控除される

「配偶者特別控除」…配偶者の給与収入が103万円超141万円未満の場合、申告すれば一定の金額が控除される

「扶養控除」…「児童手当」創設後、16歳未満の子どもは対象外になった。
フィリピンの子どもを扶養するために送金した場合は、「送金した銀行の控え」を取っておくこと。

「基礎控除」…生活をする上で必要な経費を38万円とみなして、誰もが所得から38万円控除される。
P1000324a

講師の澤谷先生がわかりやすい言葉でお話をしてくださり、生徒はふだん難しいと感じていた日本の税金の仕組みと
内容について、親しみをもって学ぶことができました。

ボランティアの皆様もご協力、ありがとうございました。

Read More
TOP

Ukol sa Tax

[Petsa Ika-20 ng Oktubre]

Sa Bayanihan Class ngayon ay pinag-aralan ang「Ukol sa Tax」. Ito ay kahilingan ng mga mag-aaral na nagtatanong ukol sa Dependent Tax Exempt na maaaring matanggap mula sa pagpapadala ng pera sa Pilipinas at kung paano ang proseso nito. Ang mga sumali sa pag-aaral ay 30 katao na binubuo ng mga Filipino na mag-aaral at boluntaryong Japanese. Nakita ang labis na interes ng mga mag-aaral sa paksa.

 

Inimbitahan Si Mr. Satoshi Sawaya na Tax Accountant sa Reimei Accounting Firm.(http://www.0mei.jp/

Sa umpisa, mahalaga ang ipinaunawa ni Mr Sawaya na ang nais niyang 「pakahulugan」 ng 「TAX ay『hindi bagay na kinukuha』at sa halip ay『ba

Read More
TOP

私たちの周りに、頼れる人を増やしていこう

バヤニハン日本語教室は、フィリピン人のバイリンガル講師が、母国語を交えて日本語や生活習慣、文化、情報を同胞に教える教室です。
そして、これまでたくさんの日本人ボランティアさんをはじめ、行政や企業に支えられてきました。
今回は地域における日本語教室の意義と醍醐味について、地域日本語教育にご精通されている米勢治子先生をお招きして講座を開きました。

P1000288a

前半は文化庁が「生活者としての外国人」のための日本語教育事業を推進してきた背景や指針についてお話がありました。
文化庁では「カリキュラム5点セット」を作成し、これを軸にして、全国でさまざまな団体が事業運営をしています。
(http://www.bunka.go.jp/kokugo_nihongo/kyouiku/nihongo_curriculum/)

けれどもこの「5点セット」は、バイリンガル講師を目指そうとする方、地域のボランティアさんにはあまり知られていない内容でした。
参加者に文化庁の指針を知ってもらい、地域日本語教室で役立ててもらえればと期待して、この講座を企画しました。
講義の要点は、日本語教室において参加者同士のネットワークを広げていくためには、自治体とつながりが欠かせないこと。
そのために国、県、市町村は体制を整備する必要があることというお話でした。
そして、「自立」とは、一人で何でもできるようになることではなく、「頼れる人が増えるネットワークづくりのこと」というお話があり、
このことは多くの受講者が賛同しました。

P1000289a

後半はワークショップをとおして、国籍問わず、参加者同士がともに話し合いました。
バイリンガル講師のメリット、デメリットについての話し合いでは、メリットには「母国語で話せるので、細かい質問ができる。
また、説明もできる」「学習者にとっては安心感がある」といった意見が多かったです。
いっぽうデメリットでは「発音が的確にできない」「文字の指導はあまり上手にできない」
「学習者が講師に頼りすぎてしまって、勉強にならない」といった意見が挙げられました。
けれども「もしかして、デメリットは日本人ボランティアさんに教室へ参加してもらうことで、補えるのではないか」
ということに至りました。お互いの特性を活かして協力することが交流を深めることになるということに気づきました。

次回は11月5日(火)市民協働について考えたいと思います。
チラシはコチラ
人材育成② 山下課長講座

Read More
TOP

【講座のご案内】バヤニハン人材育成講座 第1回

人材育成① 米勢先生講座

Read More