TOP

U-toc まつり ジュントス教室成果発表

11月20日に浜松市の雄踏にある「外国人学習支援センター」でU-toc祭りがありました。

フィリピノナガイサもこのお祭りに参加させてもらいました。

お祭りの中でジュントス浜松教室でどのようなことをしているのかを話してきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

話し始めは聞いてくれる人が少なかったのですが、徐々に増え、終わり頃にはたくさんの方にフィリピノナガイサがどのような教室を行っているのか聞いてもらえました。

 

ジュントス浜松教室は平日教室と土曜日教室に別れています。

土曜日の教室は登録数が54名。実際に来ている生徒は平均して35人前後です。

土曜日教室の当初の目的は

①フィリピン人同士のネットワーク作り。

(子供同士、子供の親同士、そして彼らとフィリピノナガイサのネットワーク作り)

②来日して間もない生徒に学校で使用する日本語などを教える。

③算数が苦手な生徒が多いので算数を教える。

④日本人ボランティアさんたちの情報交換の場

というものでした。

現在もこれらを目的としていますが、

今年は生徒の数が急激に増え生徒のニーズも多様化してきています。

今後は新しいニーズに対してどのようなことが出来るのかを考えてきたいと思います。

 

P.S.

しまね国際センターに呼んでもらった時のアンケートが届きました。

その一部がしまね国際センターのホームページに載っています。

http://www.sic-info.org/report/2011/291-1356.html

Comments are closed.