TOP

佐鳴台教室

東北大震災の影響は日本語教室にも受けています。

震災の影響で、工場の勤務時間が変更になったところが多いそうです。

在住フィリピン人も工場に勤めている人が少なくありません。

中でも佐鳴台団地周辺にフィリピン人が集住しています。

「しばらく毎週金曜日は工場での仕事が早く終わるので、近所の佐鳴台公民館で日本語を勉強したい」という学習者の声によって、このクラスは開催しています。(7/29 まで毎週金曜日)

仕事がないのは大変なことだけど、「日本語を勉強するチャンス」と思って、みんな一生懸命がんばっています。

今日は1枚の写真を紹介します。

机の周りに立っている人が3人います。

一人はメイン講師、一人は通訳、一人は近隣の日本人ボランティアさんです。

三位一体となって、学習者をサポートする温かいクラスです。

いつもお手伝いに来てくれる、ボランティアのFさん。ありがとうございます。

今、いっしょうけんめい勉強していることが、日本の生活に役立ちますように。応援しています。

Comments are closed.