TOP

新聞記事リライト/「EPAで来日、看護師に」

今日から仕事はじめの山田です。

静岡県事業としての日本語教室の年明け1回目は、
ネット上のasahi.comの新聞記事を
私がちょっとやさしい日本語にリライトして読んでもらいました。
2010年12月22日の、マイタウンというページの栃木県の記事です。
子どもメールでこの記事を知り、ちょっといい記事だなと思いました。
リンクURLを貼ろうと思ったら、もうリンク切れになっていました。残念。
(Googleのキャッシュからしばらくは拾えるかもしれません)
タイトルは「EPAで来日、看護師に」です。

内容は、EPA(経済連携協定)で来日したあるフィリピン人女性が、
国家試験に合格するという快挙を成し遂げ、
看護師として救命救急病棟のICUで働いているというものです。
仕事に対する姿勢は感心します。

さて、文章のリライトはとにかく漢字の読みさえ分かれば
読み切れそうなレベルまで難易度を下げました。
漢字には感覚ですけど、小学3年生程度までの漢字はそのままにし、
それ以上のものには振り仮名を振りました。

まず熟語などの読みを確認してから読み進めました。
内容理解は説明もしながら読んだので問題はありませんでした。
そして、話に出て来るフィリピン人女性のどんなところがすごいと思ったかを考えてもらい、
箇条書きで書き出せるかをやってもらいました。
でも、これはちょっと難しかったようです。
様子を見て、それが分かる箇所にアンダーラインを引いてもらうとこに変更しました。
大事な箇所にアンダーラインを引くという方略はぜひ覚えてもらいたいです。

それにしても記事のリライトは工夫を要しますけど、面白いです。
単に易しく書き換えるだけでなく、省くこともします。
文レベルで別の言い方にも変えてみたりします。
そして、生徒さんたちの普段の言葉を思い浮かべて、
ここまでは読めるようになってほしいなという微妙な線をはじき出します。

静岡県事業はこの1月いっぱいで終了となりますが
本当に貴重な経験をさせてもらっているなと感じます。頑張ります。

Comments are closed.