TOP

観光スポットをアピールしよう!

山田です。
静岡県委託事業レベル2のクラスの今回は、
前半は試験のための文法の復習として可能表現を勉強しました。
苦手だろうな…と思うところを選んでいるだけに、1時間で頭痛患者が出て来ます。

というわけで、前半で頭を使ったので後半は例によって
習った学習項目を楽しく活用するアクティビティをやりました。

みんなでどこかへ遊びに行こうという設定で、
大阪/京都/名古屋/横浜/東京のなかから行きたいところを選び、
各自がガイドブックを見てその街の「どこで、なにをすることができるか」を
たくさん書いて発表してみんなにアピールし、
聞く側は採点して、いちばん得点の高かった場所に行くことにしようという活動です。
私のアクティビティの古い持ちネタの1つです。
久しぶりにやったので用意したガイドブックは少々古かったです…。
検定試験ではチラシなどの情報を読み取る問題もあるので、
ガイドブックから場所の名前を読み取る練習にもなります。
ガイドブックは地名になるべくひらがな表記が付いているものや、
写真が多いものを選びました。

これはチーム対抗で、採点ありでやるとかなり燃えるんですよ。
今回は個人ごとで採点なしだったのですが、わいわいと楽しむことができました。
こんな感じでみなさん観光スポットを紹介してくれました。
大阪:「吉本新喜劇で大笑いすることができます」
横浜:「中華街で中華料理を食べることができます」
名古屋:「ヒルトンホテルでゴージャスな気分になることができます。オホホ(←セレブ?)」
京都:「東福寺で奇麗な紅葉を見ることが出来ます」
などなど…。文型を限定しなければもっと自由な活動にできると思います。

それにしても、いつも楽しんでやっていますけど、みんな分かってくれているんでしょうか。
毎回やっているこういうアクティビティは
前半で学習した文法項目を活かせるものなんですが…。


後日、佐鳴台にほんごナイトカフェでもこんな感じでやってみました。
http://nihongocafe.sitemix.jp/blog/2010/11/13/1602

Comments are closed.